様々な事情で少額投資しか出来ない 玉子が投資などで家を買うまで の栄光か挫折のブログ!!
2017年08月13日 (日) | 編集 |
WiMAX WiMAX2+ 3G 4G  イー・モバイル ワイマックス
LTE 光 ADSL SIM それぞれの意味 比較 情報
選ぶポイント 主要全大手通信会社回線種類別比較・ランキング


選ぶポイント

・速度
・料金
・キャッシュバックの有無
・サポートなどの対応
・年しばり(解約条件)


◆光回線
■工事期間が長い場合がある
■電話回線を廃止にすることで料金を安くできる場合がある
■安定した速度を維持
■回線速度は速い
■共有線なので理論値よりかなり遅くなる場合がある
■解約時に回線撤去工事費がかかる場合がある
■乗り換えが面倒
■初期費用は無料から30,000円位
■月額料金は5,000円から7,000位で高め
■マンションでは管理者の許可がいる
■ひかり電話が利用できる

◆ADSL回線
■工事がないのですぐ開通できる
■NTT基地局から遠いと通信速度が遅くなる
■ノイズに影響を受けやすい
■回線速度は遅い
■専用線なのでほぼ理論値通りの回線速度
■解約時に料金がほとんどかからない
■乗り換えが簡単
■初期費用は無料から10,000円位
■月額料金は2,000円から5,000円位で安め
■マンションで管理者に許可がいらない

◆WiMAX2 2013年10月31日スタート。
モバイルでのデータ通信用に使われている規格「モバイルWiMAX」の次世代規格です。
■高速移動にも対応
■超高速大容量通信(下り最大 110Mbps)
■伝送遅延の更なる短縮
■高速モビリティ機能の拡大
■WiMAX(802.16e)との互換性を維持
下位互換はあるが上位互換はなし。
Wimax2+のルーターはWimaxも対応する。
WimaxのルーターはWimax2+には対応しない。
■周波数効率の更なる拡大
ネットワークキャパシティの向上!
■カバーエリア、都市部を中心に拡大中のため、
使用予定地域で使えるか確認が必要。

◆WiMAX
■下り最大40Mbps。
■基地局数はイーモバイルのG4(3G)の2倍。
■人口カバー率は1億人を超え85%で、全国政令指定都市においては95%。
■連続帯ではなく、飛び地の島や山間もカバーできる。
■交換機を使わないデータ通信専用のため、他社より切れにくい。
■屋内やトンネルの中ではつながりにくく、屋内では窓際に設置する必要がある。
■ダウンロード規制やプロトコル規制がなく、通信量制限がない。
■安い。
■1年契約。

◆イーモバイルLTE&G4
■実質下り最大37.5Mbps。
(75Mbpsは関東で11ヶ所、東京ではお台場の1個所のみで消費者庁から指導。)
■その他のエリアは人口カバー率93%で、G4(3G)が利用できる。
■ドコモやauの1/3以下の収容回線の安い基地局のため、パンクしやすい。
■1年契約。
■安い。
■グローバルIPアドレスが使えないため、アプリが動かなくなる可能性がある。

◆SoftBank 4G(LTE)
■下りは実質最大37.5Mbpsで、ごく一部の地域は最大75Mbps。
■LTEの基地局数は、WiMAXの半分以下で、ドコモやauの1/3以下の収容回線の安い基地局のためパンクしやすい。
■その他のエリアは、ULTRA SPEEDが使えるが狭く、BS障害のため大部分で通信障害発生中でBS機器の電波漏洩のため、解決には数年が必要で、携帯エリアの3Gエリアと007Zのサブエリアも使えない。
■2年契約。
■グローバルIPアドレスが使えないため、アプリが動かなくなる可能性があり、見せかけのエリア拡大をするためにドコモの価格の9割引きの中国製基地局を使用しているため収容力が少ない。

◆ドコモXi(LTE)
■下りは実質最大37.5Mbpsで、ごく一部の地域は最大75Mbps。
■その他のエリアはFOMA(3G)が利用できる。
■サービスが劣悪な上に、料金が高い。
■2年契約。
■iPhoneが使えない。

◆固定IPサービス
固定IPサービスとは、
いつも同じIPアドレスでインターネットへ
接続できるサービスです。
■IPアドレスが変わらずにインターネットに接続できるため、
自宅内のサーバーをWeb上へ公開したり、
会社から自宅内のパソコンにアクセスする際に非常に便利です。
※サーバーの設定などの作業はお客様
ご自身で行っていただく必要があります。
■Webカメラを使って、ペットの様子をチェックしたり、
店舗の防犯対策にも役立ちます。
■ホテルやカフェから自宅のパソコンにアクセス
してプレゼン資料の確認や動画が見ることができます。
■料金等は回線種類等により大幅に異なります。
この様な使用予定がない場合は
特に必要ないと思われます。

◆SIMカード
SIMカードとは携帯電話の契約情報が記録されたICカードでSIMカードを携帯端末に差し込むことで自分の契約で端末を運用することが出来ます。端末が壊れたとしても別の端末に差し替えることで自分の契約の移動が容易となり電話やメールなどSIMカードが差し込まれている端末で受け取ることが可能です。
ドコモならFOMAカード、auならau ICカード、ソフトバンクならSoftBank 3G USIMカードと言う名称になっています。

市場に出回っているSIMカードは3種類。
<SIMカード>
いわゆる標準サイズ、標準カードと呼ばれるのが縦1.5cm×横2.5cmタイプ。スマホだけでなく携帯電話にも使われていたので目にしたことがある人も多いかと思います。
<micro SIMカード>
縦1.2cm×横1.5cm。SIMカードの命ともいうべきICチップ部分のサイズはそのままで、余計なものを殆どそぎ落とした形状となっています。ちなみに、このmicro SIMカードが現在のスマホSIMカードの主流サイズです。
<nano SIMカード>
micro SIMカードよりもさらに小さい最新規格のSIMカードがnano SIMカードです。縦0.9cm×横1.2cm、残っているのはほぼICチップ部分のみの形状。ちなみにICサイズは、標準サイズ、micro SIMと同じです。2013年9月現在、iPhone 5、iPhone 5s、iPhone 5c、iPad miniや一部のAndroid端末がこの形状を採用しています。

格安SIMカードって何?
格安SIMカードとは、携帯電話会社(NTTドコモやソフトバンク、au、イーモバイル)などの通信回線を借りてサービスを提供しているMVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)が、通信速度やサービス内容などを制限して安価に提供している通信サービス(主にデータ通信サービス)のことである。
MVNOによっては、LTEのフルスピードで通信できるデータ容量や、このデータ容量制限を超えた際の通信速度などが異なる複数のプランを用意しているので、選択の幅は広い。月額料金、通信速度、音声通話やSMS対応の有無、提供されるSIMカードの数などから自分の利用形態に合ったものを選択すればよい。

光ファイバは、極めて高速にインターネット通信のできるサービスです。光ファイバの速度は最高速度100Mbpsであり、これより速いものは、個人向けサービスとしては、事実上、光ファイバとCATV用のケーブルを併用して最高速度160Mbpsを出すものしか存在しないと思います。ADSLと違い、データを引き落としてくる時も、データを送り出す時も同じ速度なので、例えば、これからホームページを作り、そこにデータ量の大きな画像や音楽ファイルなどを組み込もうとする場合、ADSLよりはるかに快適な作業ができます。


WiMAXは1つの通信回線を使っており、
Emobile(イーモバイル)は3G回線(EMOBILE G4)とLTEという2つの通信回線を利用しているという事です。

WiMAXは高速で大容量のWiMAX方式を採用した次世代ワイヤレスブロードバンドサービスです。世代は3.9G世代。ご自宅はもちろん、外出先や移動中など、いつでもどこでも高速インターネットを楽しむことが可能になるのが特徴で、回線の敷設やDSL等の利用が困難な地域での接続手段として期待されている。

WiMAX回線の最大の魅力は帯域制限がないことでしょう。 逆に弱点は、WiMAXの周波数帯は2.5GHzと高く建物内や地下では繋がりにくいというところです。
wimaxは料金も比較的安く携帯のスマホなどにある
○○パケット以上使ったら128Kに制限しますというのが
基本的にないので家でネットする場合はいいですが
通信可能な範囲が狭いのが弱点です

WiMAXとの大きな違いは通信速度です。WiMAXは下り40Mbpsですが、LTEは75Mbpsです。さらに速くなるということも現在開発が進められているようです。

LTE回線とは
携帯回線である3G回線を高速化した通信規格であり、世代としては3.9Gになります。特徴としてはデータ通信速度が理論上下り最大75Mbps、上りで25Mbps。現在、Emobile(イーモバイル)の他にdocomoのXi(クロッシィ)がこの技術を利用している。2014年4月までは1カ月あたりのデータ通信量の制限なく利用できる(ただし、以降は一ヶ月10GBまでの帯域が設けられる)。

g説明


Emobile(イーモバイル)ならGL01PなどLTE回線に対応したモバイルルーターが必要となる。高速通信ができる反面、まだ使用可能エリアが都心に限定されるなど弱点もあります。

EMOBILE G4回線とは、既存の携帯回線である3G方式を強化高速化したものだ。 G4と聞いて「4G」と勘違いした人もいるかもしれないが3G通信方式。

しかし、カタログ上では下り最大42Mps/上がり最大21Mpsと他社のLTE並のスピードが出る。帯域制限は1日300万パケット(366MB)で、その日の午後9時から午前2時までの間速度制限がかかるが、制限は1日で解除されるので他の帯域制限に比べて条件は優しい。

また、地下にもアンテナがあり郊外にも充分なインフラ整備が整っている。

イーモバイルはLTE回線と、EMOBILE G4回線を自動で使い分ける事ができるため、安定した高速通信と、広いエリアで使うことができます。


LTEとは日本では、NTTdocomoが「Xi(クロッシィ)」の名称で初めて提供した、3.9Gの通信サービスのことです。
LongTermEvolutionの略で、既存のFOMAなどの3G通信サービスを”高速化”した規格です。

通信速度で言えば、イーモバイルLTE=WiMAX>EMOBILEG4でしょう。
ただし、通信速度の差は私の体感ではそこまでありません。

エリアで選ぶのであれば、2つの回線を使い分けられるイーモバイルの方がWiMAXより優秀です。

他にWiMAX・イーモバイルの将来性で見れば互角でしょうか。

特に郊外はモバイル通信サービスの整備はまだまだ。現状で言えば、EMOBILE G4はエリアも広く速度も安定しして恩恵を受けられる。ただし、将来性を考えるなら、拡大中のEMOBILE LTEは速度的にも魅力的だし、これからエリアが拡大されるWIMAX2からは目が離せない。

速度で言えば圧倒的にLTEが速いです。(もちろん場所によりますけど)
同じyoutubeを見ていても、LTEでは途切れることは皆無です。
もちろんWIMAXでも3Gよりはマシですが、電波の状態が安定しないと思われるときがあります

Wimax2のエリア内の場合は
速度等も最高レベルで
値段も安いですし、お勧めです。

選ぶポイント


・速度
・料金
・キャッシュバックの有無
・サポートなどの対応
・年しばり(解約条件)



一般に速度が速いほど、高いので、
利用用途に合った速度を厳選すれば安い。

1年使えば現金キャッシュバックや商品と交換できる
ポイントが毎月もらえたりするところもあるので、
こういう点も考慮する。

小規模業者にありがちだが、
サポート体制に問題があり、
トラブル時などにすぐに対応してもらえず、
使いたいときにネットができないこともある
ので、なるべく大手が良いと思います。

年しばり(解約条件)は、結構重要です。
転居先がエリア外であった、
WIMAX2のエリア内になったので、
変更したい、などと言うときに
数万円などという高い解約料金
を請求されることもあります。
2年契約などを選択する場合は
よく考慮しましょう。


主要全大手通信会社回線種類別比較・ランキング

頻繁に料金やキャンペーン内容が
変更しますので、最新の
条件をご確認ください。


↓こちらからのバナーから申し込まないと、タイアップ・キャンペーン等は該当しません。
(詳細・最新条件等もご確認下さい。)


◆光回線・ADSL回線等





























































































































◆WiMAX2・WiMAX・3G







































◆LTE&G4 FOMA
イーモバイルLTE&G4
SoftBank4G(LTE)
ドコモXi(LTE)
Pocket WiFi
SIMカード その他




















































◆レンタルサービス












◆海外レンタルサービス
































◆固定IPサービス
















◆お得セット・サービス











WiMAX 3G 4G  イー・モバイル LTE 光 ADSL それぞれの意味 比較 情報
一番安い方法 WiMAX2 ADSL 光 価格 ベスト ランキング 口コミ 3G 4G モバイル 
WIMAX 光 より安い 一番 ベスト ランキング 口コミ WiMAX 3G 4G モバイル 外配信 ニコ生
youtube プロバイダー 一番安い方法 お得な情報 イー・モバイル LTE フレッツ ADSL 光
一番安い方法 WIMAX 光 価格 ベスト ランキング 口コミ WiMAX2 3G 4G モバイル 
誰でもできる すぐにできる 猿でもわかる 
最も安い方法
関連記事


iforex.jpg
クリック証券



↑こちらから申し込まないと、
キャッシュバック、キャンペーン等に該当しません。
(詳細・最新条件もご確認下さい。)


■海外FX・BO業者の口座開設マニュアルはこちらをクリック!!■