様々な事情で少額投資しか出来ない 玉子が投資などで家を買うまで の栄光か挫折のブログ!!
2013年05月31日 (金) | 編集 |
昔は「Macの方が良かった」のではなく、「Macしか無かった」のです。
(Adobe PhotoShop(とIllustrator)がMac版しかなかったというのが主な理由)
今では考えにくいでしょうが、80年代まではコンシューマー向けのパソコンはAppleが覇権を握っており、ソフトベンダーの目もApple製品に向いていたのです。
当然の様に印刷会社もマックに標準対応したので、ますますMacの独壇場になっていきました。モニタでの再現性も高い評価の一因でしたね。
これが80年代末から90年代までの話。90年代に入ってから徐々に勢力を拡大していたWindowsは3.1および95で一気に覇権を奪います。
デザイナー達はなかなか乗り換えなかったのですが、新規ユーザーを中心に徐々にWindowsでデザインを行う人が増え、2000年前後から印刷会社含め両方のOSに対応する様になって来ました。


マックとウィンドウズでは「フォント」の問題はありませんか?ウィンドウズで不自由はないでしょうか?
MacはWindowsに比べ高いのか
Mac とは、WIndows とは

Mac (マック)とは、Macintosh (マッキントッシュ)の略であり、Apple (アップル)社が製造するパソコンの事を指します。一方 Windows とは、Microsoft (マイクロソフト)社のOSを指します。よって、単に Mac と書かれていれば、それはパソコンを意味し、単に Windows と書かれていれば、OS を意味している事が多いのですが、文脈によっては、Mac が OS を意味し、または Windows がパソコンを意味する場合もあります。

Mac が OS を意味する場合は、Mac に搭載される OS の Mac OS (現行の新しい OS は、Mac OS X と呼ばれる事が多い)の事を指します。OS である Windows とは、操作の仕方などが異なりますが、できる事はほぼ一緒です。ただし、Mac か Windows のどちらかでしか使えないインターネットサービスや、ソフトが存在するため、人によっては両者を使い分ける必要が出てきます。




フォントの100万円なんて最初から見込まれる投資ですから
そんなことで使うOSが左右されるなんてことはありません。
普通に仕事をしていれば数ヶ月で回収できる金額です。

それと、編集仕事ならともかく、単ページものは
フォント(文字データ)はアウトラインで流通させるのがほぼ常識になっていますから
WinでもMacでも何の不自由もありません。
たとえテキストデータでやり取りしても業務用のOpentypeFontなら互換性がありますし。

ただ、たまに素人さんがWinの標準搭載フォントをテキストデータのまま載せてくることがありますが
(私がWinも使う理由のいくらかはそこにあります)、
少なくとも「多くのデザイナー」と言えるプロにはそんな人はいないと思います。


 ゲーム制作の現場では、サターンとプレステ(1)が出た時に、セガからはウィンドウズとMAC用の開発ツールが提供されたのですが、ソニーからはウィンドウズの開発ツールのみ提供されました。

 セガがハードウェアを撤退したので、開発環境はデザイナー含めてウィンドウズに統一されてゲーム制作の現場からMACが消えました(主要な3DCGソフトがウィンドウズのみというのも大きい)。



Micorosoft Office for mac が使えれば互換性の問題は気にならないことです。Windows でしか使えないソフトは多数ありますが、Windowsでしか開けないファイルはそうありません。MSOffice のファイルが開ければ、他は気にする必要がありませんでした。

実際には MSOffice で開いたファイルは、レイアウトが崩れていたり、Excel の一部の関数や機能が使えなかったりします。ですが、そもそも日本の社会人の方々は MSOffice を満足に使いこなせていませんので、大抵のファイルで使われている機能は Mac 版でも使えます。

Mac を使い始めて良かったところ

いくつもあります。

まず一つはビジュアルが良いところです。Windows の野暮ったい UI を使わずにすむことも嬉しいですが、Mac のソフトウェアで本当に良い物は、インターフェイスが優れています。とても使いやすいと感じます。(ストレス無く PC を使えることは、とても大きなメリットだと思います)Windows 環境にファイルを送信したい場合、相手に編集をしてもらう必要があるときは、あまり特殊な機能を使わずにファイルを作れば問題無いと思います。また、相手に編集してもらう必要が無い場合は、iWork(Mac OS X での MSOffice のようなもの) の Pages などで作ったファイルを PDF で出力して見てもらえば十分でしょう。もし印刷したものしか使わない場合、MSOffice より iWork の方が綺麗なドキュメントを作ることができます。

逆に Windows からファイルを送られた場合、多少レイアウトが崩れたとしても、内容を読める方が大事なので、問題にはならないと思います。それを編集する場合も、一部の訂正が多いと思うので、Windows に戻した時にレイアウトが崩れていることは少なかったと記憶しています。(そもそも、オートシェイプ等を適切に利用していればレイアウトが崩れることもありません)

実際に私は、Mac を購入して以来、ほとんど Windows を使っていません。他人の PC を診るときくらいです。

Mac にはデフォルトで Spaces というユーティリティがあります。簡単に言えば仮想デスクトップを作ることができるのですが、この機能が便利です。Windows では特殊なアプリケーションを使わなければ利用できず、また細かいバグも多かった機能です。

Mac はこの機能をデフォルトで持っているため、当然ですがバグも少なく、しかも使いやすいです。(Windows7 でサポートしているかどうかは存じ上げませんが)私は仮想デスクトップを使う畑の住人なので、これは非常にありがたかったです。


© Apple
いくつも紹介したいことはあるのですが、もう一点に留めます。Dashboard です。通常のデスクトップとは異なり、ウィジェットと呼ばれる小さなソフトウェアを動作させることができます。Windows Vista 等にもある機能ですね。

ラフィックデザイナーです。
この業界だとまだまだmacが主流なので。。。
Winでもソフトは使えますが、色々と問題(不都合)があるのです>_<
自分だけでなく取引先とのデータやり取りなんかの関係で。。。

私は使い慣れているMac(しかもOS9)が大好きですが、
大多数の人はWinを使っているし、
ネットで不都合を感じない為にはそっちの方がいいかもしれないと思いますよ。
1984年のマックの発売時から、現在のウインドウ機能を備えているパソコンだから。
WINDOWSは、約10年遅れで、ウインドウ機能を装備できました。
VISTA OSでようやく追いつきました。

マニュアルなしで、30分で使えます。
6−7歳のお子さんに、マックを与えると、隣で教えなくとも、使い方をマスターします。
1984年の夏に、米国で購入し、英語マニュアルを読まずして、
30分で使えたのは感動ものです。

ウインドウズPCでは、こうはいきません。

マックは、マニュアルが簡素です。本体を買います。開封しても、5−6mmの厚さのマニュアルが
ついています。読まずとも、使えるようになります。

PCでは、分厚い、読みにくいマニュアルがつきますね。
余計な広告のチラシも入っていますね。

ハードウェアの設計と、ソフトウェアの開発が同じメーカーですから、
使いやすさ、デザイン等も十分にマッチしています。
マックは、デザインが先に始まるようです。


PCでは、ハードウェアのの設計は、インテルです。マザーボード設計を行い
パソコンメーカーに配布します、パソコンメーカーは、設計は行いません。
基本の設計をアレンジしているだけ、90%以上は、中味は同じです。
したがって、独自のデザインはできません。
各社パソコンを並べると、よくわかります。ほとんど同じですから。
採用するチップも同じです。
結果、安いPCができます。
もうかるのは、インテルと、マイクロソフトです。
PCは、もうかる商売ではなくなっています。
メーカーも徐々に撤退しています、
日本では、日立がPCビジネスをやめました。

OS の認証もありません。マイクロソフトでは、違法コピーを防ぐため、
認証を強化しています。MacOS には、ありません。

1つのOS で、5台まで使えるファミリーコピーもあります。

エラーメッセージも不可解な技術用語は余り使われていません。
PCでは、やたら、技術用語が表示され、分かりにくくなっています。
最初にとまどったのは、「プロパティ」でした。
Property を訳せず、かたかなで記述したのでしょう。
それまで、日本語英語には存在していませんでした。

ウインドウのメニュー設定も使いやすいです。
マックは、左上部が、スタート点、ポップダウンメニューが開きます。



Macをおすすめする3つの理由
私がMacを使う理由は一つです。それは、「使っていて楽しい、気持ちいい」からです。
パソコンは日常使う道具ですから、使うことが楽しくあって欲しいのです。
Windowsをお使いの方がMacに乗り換える理由は、私の目から見て厳選すると3つになります。私は日常的にWindowsも使っていますので、その比較です。
美しいからMac
iPad/iPhone/iPodを使うときに快適だからMac
MS Officeの互換性もバッチリだからMac

ハードウエアデザインの美しさ
iMacやMacBook Airに代表されるように、非常に洗練されたハードウエアのデザインとなっています。単にデザインだけではなく、
プロセッサの性能が最先端
HDDやメモリの容量は大きい
ディスプレイの美しさがダントツ
USBなどのインターフェースが機能的にレイアウトされている
などの特徴があります。
いずれも、使いやすさにつながっています。
画面表示の美しさ
画面表示については、Windowsパソコンと比べて圧倒的な差があります。これはそんなに気にならない、とおっしゃる方も多いと思いますが、かなり違います。Macを使い慣れるとWindowsの画面を見たときにがっかりするくらいです。
ただ、店頭で見たときにはそれほど思わないかもしれません。自宅でいつも使っているメールを見たり、いつも見ているサイトを見たり、子供の写真を見たりすると、その違いに驚くことになります。




これが非常に便利で、私は電卓やカレンダー、為替チャートやカラーコードを探すソフトを使っています。ちょっと計算したいときに、数秒で電卓を使うことができるので、非常に便利です。ソフトを起動するのは手間ですが、Dashboard は手間無く使えます。

些細なスピードとビジュアルの点で、Mac に乗り換えて良かったと思っています。

それから、当然ですが Windows にはなくて Mac にはある、というソフトウェアも存在します。そういったソフトウェアは UI が優れていて、使い勝手が良く、便利です。今後は、そういったソフトウェアも紹介していきたいと思います。

ハードウェアとソフトウェアの一体性

Windows は OS であり、ハードは各メーカーが作っています。そのため、多くのソフトウェアは無数のハードウェア環境に合わせて作らねばならず、バグの原因にもなります。また、ハードウェアが OS と適切に結びつき合っているとも言えません。

Mac は OS であり、ハードウェアです。ハードウェアに合わせて OS が作られているでしょうから、当然ながら Mac 純正のアイテムであればバグは少ないですし、事実私もそういったことを経験していません。

もちろん、あまり良くないソフトウェアも、Windows と同じように存在しますが。

iPhone人気に惑わされミーハー丸出しでMacまで買ってしまった人間は
「世の中の90%がWindowsでビジネス業界に至ってはほぼ100%」
という現実を突きつけられる


MacとiPadを我が家では、こんな風に利用してる。

私のリビングでMacで作業をしている。
うちの娘はコードを見ただけで即興でピアノが弾けるので、
リビングにあるピアノで私のiPadを楽譜代わりにネットから楽曲のコードを検索してはピアノを弾いてる。

こんな曲もあるよと、私のユーチューブの動画のURLと
コードが書いてあるページのURLを娘が見てるiPadに表示させると
娘は、ユーチューブで音楽を視聴しながら、コードのページ見ながらピアノを弾き出す。

メールもいらないし、サイト名や検索ワードなんかを口頭で伝えて検索させることもない。
MacのメモにURLを貼るだけ。送信ボタンも押さない。
便利な世の中になったなと思うよ。
MacはまぎれもないUnixベースのコンピュータなのだ。それ自体は実のところ単なる偶然の産物なんだけど。でもさまざまに紆余曲折あってUnixベースになったおかげで、Macが得た恩恵はとても大きい。
Macはその根幹はUnixであるということは、Unixの四半世紀の歴史がはぐくんできた膨大な蓄積をMacも同様に備えているということだ。おかげでプログラマだったらMacがどんな挙動をするかというのはだいたい想像がつくわけ。
メカニズムだけじゃなくて、思想とかも蓄積を利用できる。OSカーネルのDarwinはソースコードも公開されてるし、公開されたrepositoryで*BSD のwizardたちがフルタイムで開発にあたってる。その中にはFreeBSDのcoreだった*1Jordan Hubberdなんかも含まれてる。Macを買うことで間接的に*BSDを支援することにもなる。
あと、言うまでもないけどMac OS Xはとても安定している。それもUnixの恩恵のうちのひとつだ(それもいちばんわかりやすいやつ)。Unixがもたらす安定性が、Macを仕事にもプライベートにもふだん使いの道具とするのに必要十分な機能と信頼感を与えてくれる。そしてそれが、これから下に書いていくようなことの基礎にもなっているのだ。


しかし彼らはジョブズ信仰に篤く、


iPhone同様にMacも優れていると思って購入している為、
徐々に、Windowsを買った人間や企業を情弱扱いする事になる
そうしないと自分の選択の正しさが疑わしくなるからだ

「俺とジョブズは正しい...」
「iPhone=Macなんだから世の中のほうが狂っている...」

なぜかというと、Unixはさすがに時間の蓄積の中で枯れてきてるので、攻撃のパターンとか脆弱性のありそうなところとか、だいたい世の中に知れ渡っていると思っていいからだ。ものすごい画期的に新種の危険性というのはたぶん今後そんなに出てこないだろう。何か問題が見つかるのは大抵はよく知られた脆弱性の亜種で、その種の些細な弱点はすぐに修正できる。Windowsはそのへんがぜんぜん読めないところが安心できない。




英字キーボードはその記号配列のおかげで、プログラムなどのソースコードを書くのに非常に適しています。これは理由その1よりももっと実用的な理由ですね。筆者もこのBlogのHTMLだったりCSSだったりは、英字キーボードの恩恵を受けながら書いています。

 どのへんが違うのかといいますと、よく使う「'(クォーテーション)」と「"(ダブルクォーテーション)」がホームポジションに非常に近い場所にあります。また、「'」と「"」、「;」と「:」など対になる文字が同じキーになっていたり、「[」と「]」が横並びになっていたりと、直感的に分かりやすい配置になっています。そして、“A”キーの左の“caps lock”キーはそのまま使ってもいいんですが、システム環境設定から設定を変更することによって“control”や“command”としても使うことができます。これにより、いろいろなアプリケーションのシステム(例えばショートカットキーとして“control”を多用する、など)に対応することができます。“caps lock”キーの優先度は他と比べて低いですからね。

 また『MacBook』シリーズだと、ホームポジション(“F”と“J”)がJISキーボードよりも中心寄りになっているのもポイントで、トラックパッドでの誤操作が少なくなります。これは使ってみるとかなり便利に感じますよ。

Macは最高のプログラム環境である
Macはプログラミングに最適だ。プログラマだけじゃなく、プログラマ予備軍(学生さんとか)にとって理想的なプログラム環境だということをとにかく強調したい。念のためいうと、特に追加の出費とかは必要なく、買ってきたまま、標準の状態で既にそういう状態になっている。
ここでもMacがUnixベースである、ということの直接的な恩恵を受けている。Mac OS Xには開発ツールが(タダで)付属していて、これをインストールすれば即、自分でCとかC++とかJavaとかのプログラムを書いて動かしてっていう環境が手に入る。古典的Unixと同じような感覚で、配布されているフリーソフトウェアをbuildして自分のツールとして追加したり、そういう使い方はふつうにできる。


これがマカス
さぁ頑張って自己暗示を掛けろ!w

Google社内の8割がMac

638: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/11(火) 12:41:12.96 ID:???
ゲイツって確かwindows会長のくせにマック使いなんだよなw

642: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/11(火) 12:49:34.34 ID:???
>>638
だからこそ、WindowsはMac化していったんだろうな。

643: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/11(火) 12:53:09.53 ID:???
>>642
そもそもWinのアイコン作った人が元Apple
Windowsの操作の方法は、口で説明できる。


Macは安全(secure)である
いまのコンピュータはほぼ例外なくネットワークに接続されていてそれは素晴しいことなんだけど、同時に様々な外部からの攻撃にさらされることになっていてそれらの攻撃にどれくらい耐えられるかというのがとても大事なことになっっちゃってる。ここでの安全(secure)というのは、そういうのに対する基本的な堅牢性をそなえてるとか、ユーザがsecurity対策と称していろいろと追加で努力しなくちゃいけない部分が他と比べると限定されていて対処しやすいとか、そういう意味で使ってる。その意味でMacはかなりsecureに出来てる。
Macは上にも書いたようにUnixベースのOSで動いてるのが結果的にはmeritになって、Windowsと比較してもsecurity上の問題が比較的起こりにくくなってる。
Windowsではしょっちゅうセキュリティ上の問題が報告されてるし、その問題を解決するためにMicrosoftから月イチ以上でupdateが提供されたりしてるけど、それだけでは安全であるとは言えず、いまPCを使ってる人はサードパーティが提供するanti-virusソフトウェア製品を購入したり、それを保守更新し続けたりするっていう苦労をしてるはず。大変そうだなー、って思います。Macならもっと楽なのに。実際、ソフトウェアベンダでもっとも利益を上げているうちの1つはこれらのセキュリティ関連製品を販売している会社らしいし。
いやまて、Macだってつい最近Mac OS Xを標的にしたvirusが見つかって問題になったばかりじゃないか、って言い出す人もいるかも知れない。確かにそのケースではOSが脆弱性を持っていたんだけど、でもその問題はすぐに修正がAppleからリリースされたから、なにか問題があってもそれなりに迅速に対応策を提供してもらえることもわかったと思う。
もっと疑い深い人もいるかも。要するにMacはシェアが低いから狙われにくいだけだろ? ユーザが増えたらすぐにWindowsみたいに攻撃されまくるようになっちゃうよ、その時Apple大丈夫なの?
そう、たしかにshareは小さいし、MicrosoftがWindowsに投入している膨大な人員を想像するに、Mac OS Xの開発チームはそれよりもはるかに少ない人数であることは明らかだ。だからこういうことを言われると、確かにMacが本当に安全らくちんなのかな? って思う人もいるかも。でもそんなに心配しなくていいんじゃないかな。Macの根幹がUnixであることは、こういうときにもすごいメリットを発揮するだろう。

Macの使い方は、口で説明する方が面倒かもしれない。
これは触ったことがある人じゃないと
ピンと来ないかもだけどiPod、iPad、iPhoneにも同じ事が言える。

こういう部分をドザユーザーは馬鹿ぽいと言うかもしれないが、
余計な苦労をかけないというサービス精神をビシバシ感じて関心するとこなんだよな。
>Googleは、Macを積極的に利用している典型的な企業のひとつ。
>同社の共同創業者であるSergey Brin氏は昨年、Google社内で使われているパソコンのうち
>Windows PCの割合は(正確な数字についてはわからないが)ほんの20%ほどに過ぎないと述べていた。
3: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/08/31(金) 20:17:33.17 ID:???
俺の出席した勉強会のプログラマーの多くはwindowsを使ってたよ
macは使い難い上、仕様がコロコロ代わるから安定したプログラムの配給に向かないんだって

関連記事


iforex.jpg
クリック証券



↑こちらから申し込まないと、
キャッシュバック、キャンペーン等に該当しません。
(詳細・最新条件もご確認下さい。)


■海外FX・BO業者の口座開設マニュアルはこちらをクリック!!■