様々な事情で少額投資しか出来ない 玉子が投資などで家を買うまで の栄光か挫折のブログ!!
2013年05月23日 (木) | 編集 |
honda.jpg




HONDA ジョルノ AF-70のオイル交換を自分でしようかと考えています。
オイルの注入口はわかりますが、ドレンボルト(排出口)の位置がわかりません。
詳しい位置を教えていただけますでしょうか?

画像などを添付していただけると助かります。よろしくお願いします。


ジョルノ AF70のオイル交換を自分でしたいのですが、
現在車体に入っているオイルを抜き取るにはどこのネジをはずせば良いのでしょうか?
車体底部側面の画像を左右用意しました。画像のネジに
アルファベットを書き込んでますので該当するネジがあれば記号で
お答えして教えていただけると幸いです。


hona.jpg
honb.jpg

 オイルドレンボルト(オイル交換時にオイル抜くためのボルト)は右側からのHです。

 ストレーナは左側からのDです。

 
定期的なオイル交換作業もそうですが、今回は、しっかりストレーナーも掃除してみたいと思います。
cccc.jpg

クランケース下を覗くと、オイルドレーンボルトが見えます。

少々、ブレーキケーブルが邪魔をするので、気をつけて下さい。
ドレンボルト17mmを外す。
うまく、オイルを受け止めましょう。
dddd.jpg

この時に、パッキンも取れますので、付ける時に、絶対忘れないようにしましょう。





次に、ストレーナーです。

ストレーナー とは、クルマで言う、オイルエレメント と同じ役目です。

オイルを循環させる過程で、大きなゴミを取り除きます。

つまり、ストレーナーの中には、目に見えるよーな大きなゴミが溜まっております。

場所は、オイルドレンより、前方。

マフラーのすぐそばになりますので、走ったばかりの時は、作業しないほーがイイでしょう。
17mm ですが、こちらは、メガネか、板レンチがイイでしょう。


反時計回りに外します。

中には、バネが入っていますので、緩める時も、常に固い印象のボルトです。



eeee.jpg

ごみが付いてますね。
新車なので、
仕方ないですね。

関連記事


iforex.jpg
クリック証券



↑こちらから申し込まないと、
キャッシュバック、キャンペーン等に該当しません。
(詳細・最新条件もご確認下さい。)


■海外FX・BO業者の口座開設マニュアルはこちらをクリック!!■






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック