様々な事情で少額投資しか出来ない 玉子が投資などで家を買うまで の栄光か挫折のブログ!!
2013年01月20日 (日) | 編集 |
アフィリエイトの確定申告について まとめ 発生主義・現金主義とは 売上を発生主義で記帳 


確定申告の収入計算では、主にふたつの方法があります。

ひとつが現金主義、そしてもうひとつが発生主義です。

白色申告では主に現金主義で、
青色申告では主に発生主義で収入を計算します。


申告で問題になるのは「楽天アフィリエイト」などのように報酬が
「楽天ポイント」で貰う場合です。
「現金」であれば悩む必要はないのでうがポイントで貰った場合の申告は
実は少しやり方が違います。
現金を貰ってるわけではないので申告する必要はない
と思うのは間違いです。
ポイントは、使った段階で収入扱いとするのが
正しい対応方法になります。
(2006年2月の東京某所の税務署と九州某所の税務署と会計士の
判断例があります)
もう少し簡単に説明しますと仮に、10000/月ポイントを得たとします。
5000/月ポイントを使ったときに
その月の収入は5000円となります。
別のカードポイントで言いますと皆さん方が
電器店やホームセンターでなどで買い物をしたときに
ポイントを貰える制度をご存知かと思います。
自分でお買い物して付いたポイントやキャンペーンで
頂いたポイントなどは税金はかかりません。
ポイントが発生した時点では申告する必要が無く
ポイントを使った時点で売上として申告すれば良いのです。




Q、白色申告と青色申告の違いは?
A、詳しいことは調べてください。
■白色申告
記帳義務がありません。決算書の作成は収支内訳書だけでokです。但し、事業所得が300万円を超える場合には、記帳の義務が発生します。
まあ、お小遣い帳レベルでいいので記帳はしておきましょう。
■青色申告
正規の簿記による帳簿の記帳が必要となります。決算書の作成は損益計算書と貸借対照表が必要となります。
少々面倒なのですが、青色だと最高65万円の特別控除が受けれたり、赤字損失分を3年間繰越たりします。経費も白色より一般的に青色の方が、認められやすくなると言われています。青色の帳簿は会計ソフトを使うとかなり楽になります。

Q、青色申告がしたい!!
A、青色申告にする場合には、手続きが必要となります。最寄の税務署へ青色申告承認の申請書を提出する必要があります。
■新規開業の場合
1月1日~1月15日までに開業した場合は、その年の3月15日迄
1月16日以降に開業した場合は、開業日から2ヶ月以内
■白色申告から青色に切り替える場合
青色申告にする年の3月15日迄

Q、住民税について教えて?
A、住民税には、普通徴収と特別徴収があります。これは確定申告用紙(B申告用紙の第二表右下)で選択できます。
■普通徴収
毎年6月に請求書が自宅に郵送され、自分で支払手続きを行う形式です。会社にバレれるのが嫌ならこちらを選択しましょう。
■特別徴収
会社などの給料から住民税を天引きする形式です。給与所得者で確定申告の時に何も選択しなければ、問答無用で特別徴収されます。
つまり、会社にバレマス。


現金主義(白色申告) ポイントサイト・ASP共
口座に収入が振込まれた日を収入日と見なす
発生主義(青色申告)
ASP お金になる事が決まった日(確定日)を
収入日と見なす
発生主義(青色申告)
ポイントサイト 口座への入金手続きをおこなった日を
収入日と見なす

確定申告では1月から12月までの1年間で、
合計収入を計算していきます。

そのさい白色申告の現金主義では、
収入が銀行口座に振りこまれた日時を基準に、
収入を計算していきます。

1月から12月のあいだに、
口座に振り込まれた収入金額を総合するだけでいいのですから、
これは非常に単純です。




一方で青色申告の発生主義では、
ASPやポイントサイト内で、
収入になることが確定した時点での日時を基準に、
合計収入を計算します。

注意すべきは、アフィリエイトのASPでは、
お金になることが決定した日を基準とすること。

そしてポイントサイトでは、
口座に入金手続きをおこなった日を基準とすることです。


ASPの場合は、
発生日・確定日・振込日という3つの段階でお金が動いていきます。

ややこいしいですが発生主義の計算では、
ASPの収入が口座に振込された時点ではなく、
収入の確定した時点で計算していきます。


雑所得でいくのか、事業所得とするのか
例えばアフィリエイトで収入が100万円あったとします。
そのうちプロバイダ費やレンタルサーバー代10万円があればそれは
経費として入れられます。
確定申告は「売上から経費を引いた分の税金(所得税)を払う」
ということですので経費が多ければ所得税が少なくなるわけです。
経費として認められるものが多ければ多いほど所得税の額は
少なくなります。
ただ気を付けてほしいのが経費に入るものと入らないものです。
「雑所得」の場合においてプロバイダ費やレンタルサーバー代は
「経費として認められない」ケースがあります。
税務署ごとの見解によるので、なるならないはあると思いますが
ある税務署の回答で「アフィリエイトでの雑所得の場合には
経費としては基本的に認められない」という事例があります。
プロバイダー代などをアフィリエイトの経費として認めてもらうには
事業の開業届出書を提出が必要になってきます。
事業の開業届出書を提出することで「事業所得」という扱いになり
「雑所得」扱いでなくなりますので経費をして認められるという
ことになるのです。
確定申告をする場合において経費を計上したいと思う場合は、
事業の開業届出書を出した方が良いことになります。








この発生主義のなにが問題になるのかと言いますと、
ASPの場合、最低換金額が設定されています。

たとえばA8.netだと1000円からです。

A8.netで12月のうちに500円しか儲けがなかった場合、
口座への現金化がなされず繰越となり、
実際には12月のうちに現金にはなりません。

しかしお金になることが決定したのは、
12月であることに変わりありませんので、
実際に現金化していなくても、A8.netでは、
12月に500円の収入があったものとして見なされるのです。


アフィリエイト収入があった時に、申告をしなければ いけないかどうか について

会社に勤めているとか 本業がある場合は、雑所得になります。

雑所得の場合、20万円を超えたら 申告しなければいけません。

もし 20万以下であれば 所得税の申告の必要は ありません。

しかし 20万円以下であっても 住民税の申告は、必要です。





青色申告の場合は複式簿記の厳密な記帳が必須です。

12月に収入が確定された場合、
実際の入金が来年度以降になっても、
当年中の収入として記帳されるということを、
覚えておいて下さい。

なお、その来年度に現金化されるお金も、
入金時に来年度の確定申告で記帳をおこないますが、
もちろんそれは課税の対象外となりますので、
ご安心ください。


また実際の記帳では、
ひとつひとつの日時を基準にすべての収入を計算していくと、
かさばってしまいます。

ですので多くの人は、
1か月に1回の周期で収入を一気に記帳することで、対応しています。


ポイントサイトの収入日判定も注意が必要です。

たとえばげん玉だとポイントエクスチェンジにポイント交換した後に、
口座へと換金していきます。

げん玉やポイントエクスチェンジで保有している資産は、
あくまで現金ではなくポイントですので、
課税の対象にはなりません。

税金はお金になることが確定したときにはじめて発生しますので、
げん玉からポイントエクスチェンジにポイント交換する際は、
税金のことを考える必要はないと考えてOKです。

ですのでげん玉では、
ポイントエクスチェンジから口座への換金手続きをおこなった日を、
収入のあった日として見なします。


本来であれば白色申告でも、発生主義で収入を算出しなければなりません。

しかし副業レベルでの中途半端な収入(年間所得300万円以下)だと、
税務署からも現金主義の算出で容赦されてしまうのが実情です。

白色申告で確定申告をおこなう場合は、
銀行通帳の収入を総覧して計算する程度で良いでしょう。





発生主義か現金主義か
確定申告をする際に出てくる言葉があります。
「発生主義」と「現金主義」という言葉です。
これは取引契約が成立した時点の日付で処理することを「発生主義」。
実際に現金のやりとりが行なわれた時点の
日付で処理することを「現金主義」というのです。
年間年収が300万円以下の場合は「現金主義」扱いですので
年度末までに振り込まれた金額を書けばよいことになります。
つまり12月31日までの振り込み金額です。
青色の場合は「発生主義」扱いとなりますので
12月分を確定して例えば1月末や2月に振り込まれるようなものなどは
売掛金として計算します。
アフィリエイトの場合は、売上が確定してから振込みまでのタイムラグ
がありますので注意してください。


ットビジネスで年間300万円以上を稼ぐようになると、
白色申告でも発生主義で収入を計算していくことが義務となります。

ですので年間300万円以上と、
ネットビジネスだけで生計をまかなえるレベルになったら、
確定申告の方法も、
白色申告から青色申告へと切り替えていきましょう。


青色申告の大きなメリットとして、税金の特別控除があります。

10万円控除と65万円控除の2種類があり、
その点が特別控除のない白色申告との大きな差です。

どうせ青色申告をやっていくなら、
65万円控除のほうをオススメします。


アフィリエイトなどのネットビジネスで青色申告をやる場合、
以下の3つを要点としてメモしておけば、
あとで会計ソフトで一気にまとめていけます。


収入額とその収入のあった日

口座への入金額とその入金があった日

口座への入金時の手数料


それぞれいつ、どのASP・ポイントサイトから収入があったか、
いつ、どの口座に振り込まれたか、手数料はいくらか等を、
エクセルやメモ帳で記録しておきましょう。

慣れた人は、すぐに会計ソフトを使って、
1か月ごとに1回、記帳していくスタイルでもいいでしょう。

収入のあった日の記帳の仕方は、発生主義に準拠します。

ASPではお金になることが決定した日、
ポイントサイトでは口座への入金手続きをおこなった日です。


青色申告では複式簿記という、支出の厳密な記帳が必要になります。

しかしこれは、
やよいの青色申告という有料会計ソフトを使えば、
簡単におこなうことができます。



アフィリエイトの売上を発生主義で記帳したい。
去年の9月にアフィリエイトで開業し同月に開業届を提出しましたが
去年は所得が20万以下(サラリーマンなので)だったので
確定申告はしませんでした。

そして今年の1月青色申告届を提出し
65万円の控除を受けるため複式簿記で記帳していくことにしました。

ここで分からない事が出てきました

アフィリエイト報酬の入金はだいたい月末締め翌々月払いになっているので、
今年の1月に入金された報酬は去年の11月の売上ということになります。
これを会計ソフトで入力しようとすると、
「11月は会計期間外なので入力できません」となります。
私は前年に確定申告をしていませんので繰越という形も取れません。

この場合、どのように記帳すればいいのでしょうか。


>2008年分は白色申告をしようと思ってたので(結局は所得が足りず必要なかったですが)現金主義…

これ大きな間違い。
現金主義でよいのは、青色申告で、かつ「現金主義」を届け出た場合のみ。

通常の青色申告はもちろん、白色申告でも発生主義でなければなりません。

>しかし「1月1日付で売上」として、今年の所得と考え申告したほうが万が一税務調査に入られたとしても説明がしやすい…

それならそれでよいでしょう。

>「売上」は貸方に対し借方は何になるのでしょうか…

1/1【売掛金 ○○円/売上 ○○円】
2/△【普通預金 ○○円/売掛金 ○○円】

>これがもし1月1日を開業日として開業届を提出していたとしたら繰越があるのは変…

変ではありません。

>彼女曰く「アフィリからの年収が6万程度なら”事業”にはならないので、1月1日の開業日でも大丈夫」ということ…

税法上の事業にはあたらなくとも、それで収入を得ていたことは事実なのであって、「非事業」時代からの繰越があることは当を得ています。


現金主義...報酬が実際に振り込まれた時点で売上として記帳
発生主義...報酬の振り込まれることが確定した時点で売上に記帳

発生主義で記帳する場合、確定した報酬は「売上高」として記帳しますが、まだ入金はされていないので「売掛金」の状態となります。売掛金というのは、ツケで商品を販売した状態のことですが、アフィリエイトの場合も広告掲載というサービスをASPに先にご提供し、あとから入金されるわけですので、掛けでサービスを販売したという意味合いになります。

発生した報酬が確定するタイミングは各ASPによって違いがありますが、概ね、月はじめに前月分を確認しておくようにするとよいでしょう。目安は以下のとうりです。

アクセストレード:毎月1日(報酬支払履歴の欄)
エーハチネット:毎月1日(支払い報酬額の欄)
バリューコマース:毎月1日(報酬支払情報)
アフィリエイトB:毎月15日(お支払履歴)
アドセンス:月の初旬(収益の確定額の欄)

※別途、固定費などがある場合は要確認

アクセストレードの場合、1月~2月中に発生した成果は、概ね3月中には徐々に確定していき、その総額が4月1日には判明します。ですので、4月1日に3月分の確定報酬を「売上高」として記帳し、5月15日に口座に実際に振り込まれた際に、売掛金の回収として記帳するとよいでしょう。

この際、エーハチネットなど振込手数料がある場合は、その分を支払い手数料として経費として記帳します。

アドセンスの場合、月の初旬に確定してその月のうちには振り込まれますので、2か月先ではなく、同じ月になるはずです。同じように、アフィリエイトBの場合も15日に確定し月末には振り込まれます。

この売上高に記帳する際の判断についてですが、私の場合は確実に報酬が振り込まれることが判明した時点で記帳しています。ですので、最低支払金額に達していない場合などはカウントしてませんが、正確な情報については最寄の税務署に確認してみることをおすすめします。

Q、アフィリエイトの所得控除は?
A、専業の場合は基礎控除、社会保険料控除(年金や国保)などが主にあげられます。小規模共済や保険の掛金もOKだったりします。
リーマンは会社の給与所得で通常は引かれているので、アフィの収入には引けません。控除については書くときりがないので、詳しくは調べてみてください。

Q、学生なんですが…?
A、年間所得が38万円以上あれば年齢に関係なく申告義務はあり、知らなかったでは済みませんよ。貴方が扶養されていた場合だと、年間の課税所得金額が38万円以上で扶養控除が受けれなくなります。
16歳以上~23歳未満の特定扶養親族の場合は所得税で「63万円分」、住民税で「45万円分」。一般の扶養親族では所得税で「38万円分」、住民税で「33万円分」となります。また、多くの企業では家族・扶養手当を出しています。
しかし、「課税者」になったとたんに手当てが全く出なくなる場合がほとんどです。年間で「15~25万円(企業による)」の手当てがなくなります。親や家族にも迷惑をかけるので必ず話をしましょう。

Q、脱税はやばいの?
A、少しくらい大丈夫だと思っている方もいると思いますが、本当に大丈夫ですか?申告しなければ、親(親権者)も脱税と見なされます。
もちろん稼いでいた年度まで遡りしっかり「親子」ともに「加算税」や「延滞税」などの附帯税がプラスされ、徴収されます。扶養控除などを親が受けていた場合はその年度の収入から申告漏れの税額分が差し引かれるようです。遡る課税対象は最大7年です。
健康保険は最大2年。また、脱税は立派な犯罪。一般的に5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金に処せられます。

Q、法人化したいんだけど?
A、とりあえず、本でも買って頑張ってください。

Q、事業内容について教えろと通知が来たんだけど?
A、現在、討論中ですが前スレでの簡単なまとめ。
もし都道府県の税事務所に「あなたは広告業ですよね」と言われたら「広告業の定義を正確に教えてください」と確認。
「ウチはウェブサイト運営を業としています、だから当てはまりません。以上」 でスッキリ話が終わらせろ。
先に広告業がなんなのかを相手に言わせた方が有利。
と言う事です。書面には、絶対に変なことは書かないことです。不安なら税理士に相談。



楽天ポイントは、利用したときのみ計上。
このポイントについては、税務署の担当者によっていうことが違うから、なぜそう処理したかって意見をもってないと突っ込まれる要因になるらしい。
楽天ポイントの処理方法については、私は、税理士経由で税務署に問い合わせてもらいました。

決算のみ未入金分は、未収入金処理してます。

「青色申告承認申請」をして、

65万円の正規の簿記で 帳簿を作成した方が、納める税金は 少なくなります。

領収書は、なくさないようしっかり 保管が必要です。

現金出納長 総勘定元帳などは 7年間の保管義務があります。


収入としてあげる金額は、発生主義によりますので、

12月まで 確定した金額です。

30日後 60日後振り込みとなっていても 

12月分として確定していれば 計上しなければいけません。


アフィリエイトの必要経費となるもの

図書研究費 → 書籍  アフィリエイトの関係の専門書など

交通費 → 電車 バス タクシー代 アフィリエイトセミナーへ行くときにかっかった交通費など

消耗品費 → 10万未満のパソコン・プリンター ・ソフト代・インク・用紙など
 
交際費 → オフ会参加の為の会費
   
通信費 → 電話料金 ブロバイダ料金 レンタルサーバー代など アフィリエイトに使った割合だけの按分計算をします。

支払手数料 → 振込手数料 成果報酬の振込手数料など

減価償却費 → 償却資産の減価償却費  定額法で計算します。*1

など

関連記事


iforex.jpg
クリック証券



↑こちらから申し込まないと、
キャッシュバック、キャンペーン等に該当しません。
(詳細・最新条件もご確認下さい。)


■海外FX・BO業者の口座開設マニュアルはこちらをクリック!!■






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック